1. TOP
  2. 導入事例
  3. 賃貸経営会社様 導入事例

賃貸経営会社様 導入事例

高層階の外側窓ガラス清掃を、掃除ロボットにより自動化。コスト削減を実現!

賃貸経営会社様

シーン
賃貸マンション
導入商品
WINOBOT 950 エコバックス
用途
窓拭き
WINBOT 950 エコバックス

高層階の窓清掃に掃除ロボットを活用。コスト削減を実現

お客様の課題

高層階の外側窓ガラス清掃はコスト・安全面で負担になっていた。

清掃員による高層階の窓ガラス清掃イメージ

「お客様の退去後清掃で問題になっていたのが、高層階の外側ガラスの清掃でした。1部屋分の窓ガラスの清掃のために、従業員が身を乗り出して清掃するのは安全面に不安があったため、専門の清掃業者に依頼して清掃をお願いしていましたが、コスト面で非常に負担になっていました。」(マンションオーナー S氏)

導入の経緯

実際の使用の効果や操作感を試せる”お試しレンタル”が決め手となった

「窓ガラス用の掃除ロボットがあることは知っていましたが、きれいになるのか、また安全面は大丈夫かなどの不安もあり、まずはお試しと思いレンタルを申し込みました。実際に使ってみると思っていたよりも綺麗に清掃できたことに加え、使い勝手も問題なかったので、そのままレンタルすることを決めました。」(マンションオーナー S氏)

WINBOT 950

導入後の効果

高層階の外側ガラスは掃除ロボットによる自動清掃が可能になり、コスト削減を実現

賃貸マンションでの窓掃除ロボット事例写真

今までは専門業者が高層階の外側ガラスを清掃していたが、窓掃除ロボットにより自動で清掃を行えるようになったことで、コスト削減効果を実現された。
また、長期的には、購入と比べ、レンタルの方がメリットがあることも実感されている。
「一度はレンタルを解約して購入しようとも考えましたが、購入してしまうと故障した時のリスクや新製品が出た時に乗り換えし辛いといった課題に直面することが想定できたので、レンタルの方が気楽に利用できると感じて使用しています。」(マンションオーナー S氏)